抵当権の債務者の住所変更登記とは?必要書類や費用についても解説

登記費用

更新日:2021-08-10

抵当権の債務者の住所変更登記って何?
銀行から抵当権の債務者の住所変更登記が必要と言われたけど必要なの?
抵当権の債務者の住所変更登記ってどのくらい費用がかかるの?

この記事はそのような方向けに書いています。

こんにちは、司法書士の樋口(@toruhiguchi)です。
私は東京都新宿区に本社を構える司法書士法人リーガル・ソリューションの代表司法書士をしています。
主に取り扱っている業務は不動産登記、不動産に関する訴訟手続きです。

司法書士 樋口
司法書士 樋口
今回は抵当権の債務者の住所変更登記について解説します。

司法書士報酬一律定額サービスのバナー

抵当権の債務者の住所変更登記とは?

what

抵当権の債務者の住所変更登記とは、抵当権の登記事項である債務者の住所を今現在の住民票上の住所に変更する登記手続きのことです。

一般的には注文住宅を住宅ローンを利用して購入する際に、建物竣工後に行われる土地の所有権登記名義人住所変更登記、抵当権追加設定登記と同じタイミングで手続きすることが多いです。

必要書類(添付書類)

住民票

抵当権の債務書の住所変更登記の必要書類を解説します。

他の登記手続きでは、抵当権設定者の印鑑証明書が必要となりますが、抵当権の債務者の変更(住所のみの変更も含む)登記の場合は印鑑証明書は不要です。

不要である理由は、抵当権の債務者はあくまで利息などと同様のただの登記事項であるため、立法者は印鑑証明書の提出(及び実印の押印)まで求めなかったのかと思われます。

登記原因証明情報

他の登記手続きと同様に登記原因証明情報が必要となります。

登記原因証明情報の具体例としては、抵当権の債務者の住民票を添付することが一般的です。もちろん、抵当権設定者(担保提供者)の署名押印済の報告形式型の登記原因証明情報を添付しても構いません。

登記原因証明情報について詳しく知りたい方は、『登記原因証明情報とは?』をご覧ください。

登記識別情報(登記済権利証)

抵当権が設定されている不動産の登記識別情報を添付します。
抵当権が設定されている不動産を、平成17年以前に取得していた場合には、登記済権利証を添付します。

権利証について詳しく知りたい方は『不動産所有者の証!権利証とは?』をご覧ください。

委任状(司法書士に依頼する場合)

司法書士に登記申請手続きを依頼する場合には、司法書士に対しての委任状が必要です。
司法書士に登記手続きを依頼せず当事者が申請する場合には、委任状は不要です。

手続きにかかる費用

電卓を叩く女性

司法書士報酬一律定額サービスのバナー

抵当権の債務者の住所変更登記の手続きは他の手続きと同様に費用がかかります。
費用は大きく分けて下記のふたつです。

登録免許税

登録免許税として、不動産1個につき1,000円かかります。ご自身で手続きする場合には、登記申請書に該当する収入印紙を貼付し納付します。

司法書士に登記手続きを依頼する場合には、司法書士が登録免許税分を依頼者から預かり、預かった登録免許税を登記申請の際に依頼者の代わりに納税します。

司法書士報酬

司法書士の報酬に関しては自由化されているため、司法書士事務所によって異なりますが、報酬の相場としては10,000円から30,000円程度です。

省略できる?

不要?必要?

抵当権の債務者の住所変更登記ですが、登記手続き上はこちらの手続きを省略できる場合があります

例えば注文住宅用の土地購入時に抵当権を設定していれば、通常は建物に対して抵当権追加設定を行います。
建物竣工の際に、新居に住民票を異動した場合には、抵当権追加設定登記の前提として抵当権の債務者の住所変更登記は省略可能です。

この場合、土地の登記簿に記載されている抵当権の債務者の住所は、土地購入時の住民票の住所が引き続き登記されている形になります

ただし、金融機関によっては注文住宅竣工時に行う他の登記手続きと一緒に、抵当権の債務者の住所変更登記を求める金融機関もあります。

また抵当権を抹消する場合にも同様に省略可能です。

もちろん省略できるからといって手続き出来ないわけではないので、原則通り手続きしても全く問題ないです。
ただ消えている権利を抹消するだけなので、通常はわざわざ費用をかけて手続きはしません。

登記申請書

登記申請書

登記申請書の記載例を解説します。他の手続きと同様に金融機関や保証会社である抵当権者との共同申請です。

【事例】
注文住宅を建築するにあたって、住宅ローンを利用し注文住宅用の土地を購入した。その後建物が竣工したため、住民票を令和3年5月31日に新居に異動した。
(登記申請書の記載例)

登記申請書例

(完了後の登記記録例)

完了後登記記録

登記が完了すると、上記の登記記録例のように『1番抵当権変更』といった登記が記録され、住所を移転した日付と債務者の住所が登記されます。

自分で手続きできる?

ボールペンを持つペン

金融機関が問題なければ自分で手続きすることも可能です。

他の登記手続きと比べてそこまで難しい手続きではありません。
ただし注文住宅竣工時に、抵当権追加設定登記を申請する場合には、ほぼ100%司法書士が登記手続きをすることになるので、抵当権の債務者の住所変更登記も一緒に、抵当権追加設定登記を担当する司法書士が手続きすることがほとんどです。

抵当権の債務者の住所変更登記のみをご自身で手続きすることは理論上は可能ですが、金融機関が難色を示す可能性が高いです。

ご自身で手続きをして司法書士の報酬を節約してみたい方は、借入先金融機関に問い合わせしてみてください。

この記事の筆者

司法書士 樋口 亨(@toruhiguchi

東京司法書士会所属 登録番号7208号
司法書士法人リーガル・ソリューション 代表司法書士。
行政書士事務所リーガル・ソリューション 代表行政書士。
不動産仲介営業マン勤務中に司法書士試験合格。
都内の司法書士法人に転職し経験を積んだ後、司法書士法人リーガル・ソリューションを設立、同社代表社員就任。
開業以来、不動産登記手続き、不動産に関する訴訟手続き(賃貸トラブル、共有物分割請求、時効取得等)に特化。
保有資格は、司法書士、行政書士、宅地建物取引士、マンション管理士、管理業務主任者、競売不動産取扱主任者。

どんな登記の内容でも司法書士報酬一律定額

当サイト経由でお問い合わせをし、ご依頼を頂いた場合司法書士報酬一律定額66,000円(税込72,600円)or99,000円(税込108,900円)でお手続きいたします。

詳細はコチラ

関連記事一覧